ecrus

固定観念や既成の枠にとらわれずに

いつも新鮮な気持ちで取り組んでゆきたいという気持ちから

フランス語で「生成」という意味の「ecrus」と名付けました。

 

“生成色”というのは、”白”の源となる色で、誰の手も加えていない

自然のまま、ありのままの色。

シンプルでナチュラルで誰にでも似合い、受け入れられる色でありながら

さりげない気品があり個性を発揮している色。

個性的で、どこにもない独自のデザインでありながら

誰にでも受け入れられ、親しまれる、モノづくりを目指しています。